日本ではトイレをきれいに使用してもらうことを目的とした様々な種類の張り紙を目にする。「いつもきれいに使用していただいてありがとうございます」といった内容の張り紙を見たことがある人は多いだろう。

 一方、中国のトイレにも張り紙は存在するが、書かれている内容が全く違っているのだという。中国メディアの今日頭条は18日、「日本の公衆トイレの張り紙を見たら、顔を上げられなくなった」と論じる記事を掲載し、日本の公衆トイレにあったという張り紙について紹介している。

 記事は中国と日本の公衆トイレにある張り紙の写真を掲載し、中国のトイレには「便器の中に様々なものを入れないでください。使用後のトイレットペーパーは、ゴミ箱の中へ」と表示されているのに対して、日本の公衆トイレにある張り紙の多くは、「使用後のトイレットペーパーは便器の中へ」と中国語で表記してあることを紹介した。

 この日本のトイレの張り紙を見た中国人は、「恥ずかしくなって顔を上げられなくなった」ことを紹介している。その理由について記事は、日本では「使用後のトイレットペーパーがゴミ箱に放置してあっては、細菌が繁殖して衛生的に良くない」と考えられていることを紹介しつつ、日本を訪れた中国人旅行客が「中国国内の習慣のまま、使用済みのトイレットペーパーをゴミ箱に捨てているらしい」と紹介した。

 中国では、下水道の設備が良くなかったり、トイレットペーパーの質が悪かったりといった理由で、トイレに流すと詰まってしまうことがある。そのため、トイレでは使用後のトイレットペーパーを備え付けのゴミ箱に捨てる習慣があるのだ。こうした不便さは次第に解消されつつあるが、人の習慣はなかなか変わるものではなく、中国人としては同胞が「日本のトイレでも使用済みのトイレットペーパーをゴミ箱に捨てている」ということが恥ずかしく思えたようだ。

 10月1日から8日間、中国では国慶節(建国記念日)の連休を迎える。この休みを利用して日本を訪れる中国人も多くいることだろう。その期間中に、彼らは自国との違いをどれだけ目にすることになるのだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)