国や地域によって人びとの生活習慣や考え方は違うものだ。中国では女性も男性と同じように仕事をするのが普通で、女性の社会進出の度合いでは中国のほうが日本を上回っていると言えよう。中国人女性は出産後も比較的短期間のうちに仕事に復帰するため、中国では専業主婦という考え方は一般的に存在しない。

 中国では日本人女性は優しく、良妻賢母を体現する存在というイメージが強いが、中国メディアの今日頭条はこのほど、「温厚な日本人女性と結婚すると、もしかしたら地獄が待っているかもしれない」と主張する記事を掲載し、文化や習慣が異なる日中の国際結婚は問題になる可能性があることを紹介している。

 記事はまず、中国人から見た日本人妻のイメージは、「夫に対して穏やかに接し、やさしく微笑みかける子羊のようで、夫の話を良く聴き、夫を敬う」というものであると紹介。逆に中国人妻のイメージは、「男女平等を求めつつ、夫を叱責しながら殴りつける恐妻」というものだと紹介している。中国人女性のイメージは誇張気味と思われるが、日本人女性よりも「強い」のは事実だろう。

 だが記事は、日本人妻の温厚さに惹かれて結婚しても、大きな代償を求められ、日本人女性の多くは結婚後に専業主婦になるため、経済的な負担が夫にのしかかってくると分析。もし、結婚後に妻が働きに出ようものなら、「夫が無能であると見られてしまう」ため、それはそれで地獄が待っていると主張した。

 さらに、日本では一般的に財布の紐を妻が握っていることを指摘し、日本人女性を妻として娶ることは幸せだが、同時に「爆弾」を抱えることになると主張した。確かに中国では男性が財布の紐を握るケースが多いほか、家庭用の財布に夫と妻がともにお金を入れてやりくりしつつ、夫も妻も自分のお金は別に確保する形式も多いようだ。そのため、家庭の財布の紐を妻に握られ、お小遣い形式になってしまうことは中国人男性にとっては我慢が必要なことだと言えよう。

 記事で紹介されている日本人女性は極端な例だが、日本と中国では習慣や考え方が違っているのは事実だ。昨今、国際結婚も増えているが、こうした文化や考え方の違いを理解したうえで決定しないと、後々問題が発生しまうことは目に見えていると言えよう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)