中国では経済の発展とともに自動車市場も成長を続けている。中国メーカーの品質向上が指摘されるなか、世界市場での飛躍を視野に入れて販売戦略を立てているようだ。中国メディアの今日頭条は15日、中国車が世界市場で「韓国車の立場にとって変わりつつある」という記事を掲載し、中国自動車業界の目指しているところについて紹介している。

 記事はまず、中国車メーカーは韓国メーカーに比べ、世界市場への進出は遅れているが、南米や中東で販売台数を伸ばすメーカーや高級車ブランドの買収を通じて技術力を高めているメーカーが登場していることを指摘。こうした道のりは韓国車メーカーも辿ってきた道であるとしながらも、韓国車の2017年上半期における世界販売台数は約400万台にとどまり、前年同期比8.1%もの減少となったと紹介した。

 中でも、特に韓国車の輸出は9.1%の減少であったことを指摘し、とりわけ韓国車にとって重要な市場である中国において苦戦を強いられていると分析。自動車産業が発達している欧米において、中国メーカーはまだまだ韓国メーカーのような評価を得ていないものの、中国メーカーは世界最大の市場である中国国内で販売を伸ばし、規模の経済によるメリットを享受しながら競争力を高めており、将来的には「中華料理やパンダが世界で成功を収めたように、中国車も世界での成功を収めることができるかもしれない」と論じた。

 さらに記事は、韓国車は過去に「韓流ブームのごとく、中国で一世を風靡した」としながらも、現在は苦境に直面していると指摘。だが、この苦境は中国メーカーが成長するに従って「中国国内だけでなく、世界に拡大する可能性がある」として、いずれは中国車が韓国車の市場におけるポジションを奪うことになるはずだと主張した。

 世界に目を向け始めている中国の自動車業界だが、品質の点でまだまだ問題があることを中国メディアも伝えている。これから世界の消費者に受け入れられていくには、品質向上にさらに力を入れていく必要があるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)rclassenlayouts/123RF)