今の中国の自動車市場ではSUV車の人気が高い。近年力をつけている中国国内メーカーもこのジャンルに力を入れており、国内・合弁メーカーによる激しいシェア争いが繰り広げられている。中国メディア・今日頭条は16日、中国で売れ行きが好調な日系のSUV車トップ5を紹介する記事を掲載した。

 記事は「国産SUVの販売数に対して、日系SUVのパフォーマンスも決して引けを取らない」としたうえで、日系SUVの人気5車種を紹介。1つ目は、ホンダのX−RVだ。「ホンダによる最新のデザインコンセプトによって作られた車種で、動力性能も燃費も優れている」と評した。

 2つ目は日産・エクストレイル。従来モデルは硬派な印象だったが、モデルチェンジにより温かみがあり丸みを帯びたデザインとなり、現在のトレンドにマッチする用になったとした。

3つ目は、ホンダのCR−V。1995年の発売以降20年以上に渡り世界のユーザーから信頼を得てきた車種であり、高い年齢層にマッチしていると紹介した。

 4つ目は日産・キャシュカイ(デュアリス)だ。「都会の遊牧民」というコンセプトを持ち、流線型のデザインには現代感が十分に表されていると説明した。

最後はホンダ・ヴェゼル。「表面のみならず、インテリアにおいてもクーペのようなパーソナルスペースと質感が演出されている。ドライブフィーリングは人と車との交流を強く感じさせる。価格はちょっと高いが、それでもよく売れる」とのことだ。

 記事が紹介した人気日系SUV車はホンダが3車種、日産が2車種と2メーカーで分け合った。その根拠は中国における今年1−8月の販売累計台数のようだが、「ビッグ3」の1つであるトヨタの車種は1つも取り上げられなかった。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)