日本と中国は距離的な近さもあり、古くから互いに深く関わり合ってきた。関わり方は時代とともに変化してきたが、その変化は両国民の相手に対する複雑な感情を生んできた。日本に中国のことを快く思わない人がいるのと同様、中国にも日本をネガティブに捉える人がいる。ネット上には日本の話をするだけで罵声を浴びせかける人もいる。

 中国メディア・今日頭条は17日「日本に旅行して友人に罵られるのが怖い時、その相手を黙らせることができるフレーズ」を紹介する記事を掲載した。

 記事は「現在、日本旅行する人はますます増えている。一方で、日本や日本旅行に対してヘイトスピーチを発する『噴子』も増えている。多くの人が『日本に行きたいけれど、友人に罵られたらどうしよう』と恐れているようだ。楽しい旅行気分が一部の人によって台無しにされてしまうのだ」と説明。そのような悩みを抱えている人に対し、相手を黙らせる「攻略法」を示した。

 それは「戦勝国が敗戦国の環境を視察しに行くのに、何か問題でもあるのか」というもの。記事は「こうやって言い返せば、あなたの友人は一言も発することができなくなるはずだ」とした。また「かつてわれわれを侵略した者に対して『われわれは打ちのめされなかったし、今や暮らしぶりも良くなった。行きたいところに行けるし、買いたいものを買える』というのを知らしめるのは、とても有意義なことではないか」と論じ、このような論理を用いれば「噴子」と化した友人を黙らせることが可能であると伝えている。

 旅は自らの見識を深め、好奇心を満たすために自らの意思でするもの。他人が無責任な話で妨害してはならないのである。記事は「戦勝国が敗戦国を視察する」という論理を紹介する際に、「友人を変えること、というのはもちろん冗談ではあるが・・・」と前置きしているが、しかし場合によっては、冗談ではなく本当に付き合う人を変えたほうがいいかもしれない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)