2018年2月に韓国で開催される平昌五輪。開幕まで残り時間わずかとなったが、観戦チケットの売れ行きが芳しくないようだ。中韓関係が良好であれば、中国人客に期待することもできたであろうが、現在は高高度迎撃ミサイルシステム「THAAD(サード)」問題をめぐって中韓関係は冷え込んでおり、中国人が大挙して平昌五輪を訪れることは期待しにくい状況だ。

 中国メディアの今日頭条は16日、開幕まで残り時間が少なくなっているというのに、平昌五輪の観戦チケットが大量に売れ残っていると伝える一方、韓国側は中国にチケットを「高額で売りつけようとしている」と批判する記事を掲載した。

 記事は・・・・

続きを読む