小さな子を持つ親であれば、自分の子どもの教育は大きな関心の的であろう。各家庭での教育は大局的に見れば社会の秩序や国の国力にも関わってくる重要な要素と言える。

 中国メディアの今日頭条は13日、「中国人は日本人を快く思っていないかもしれないが、日本人の教育には敬服せざるを得ない」と主張する記事を掲載し、中国人は日本人に対して歴史的背景ゆえの悪感情を抱いているが、日本の教育は学ぶに値すると感じていると伝えた。

 記事はまず、日本の週刊誌の報道を元に、日本の親が子どもを育てるときの秘訣は「共に体験する」ことであると紹介し、一方的に要求したり、一方的に叱責するのではなく、辛抱強く、子供の学習意欲を育てることが非常に大切であり、そのためには親も共に学び、成長することが求められることを紹介した。

 そして、「子どもと共に遊ぶ」ことも非常に大切であることを紹介した。親が子と共に遊ぶことでも、子どもにとっては「学び」につながるもので、その後の成長に大きな助けになると紹介している。また「家庭を実験室とすること」も大切であることを紹介、日本では理科の授業で子どもが実際に実験する機会が少なくなってきているとし、自宅で親と子が共にさまざまなことに挑戦することによって、失敗したり、失敗から学ぶことを教えることが可能だと紹介した。

 ほかにも記事は、「子供に家事を教える」ことや、「親に手紙を書くことを教える」ことなどを紹介し、親がどれだけ子どものために時間を使ったかで子の未来が変わってくることを紹介した。

 中国では子どもがいても両親ともに働きに出ることが一般的で、子どもにとっての祖父母に子守りをお願いする人が多い。つまり中国では多くの親は子どもと多くの時間を過ごせていないのが現状だ。特に都市部に出稼ぎに出ている労働者は子どもに会えるのは年1回だけというケースも少なくない。教育は国や社会の将来に大きな影響を与える問題だ。この先、中国で教育がどのように変化していくか注目されるところだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)