日本を訪れた中国人の多くが、日本のサービスのクオリティに感銘を受けるというが、中国メディアの今日頭条は14日、「訪日の際に利用した全日空(ANA)のサービスに感動した」とする中国人旅行客の手記を掲載した。

 この中国人は海外旅行に出かける際は「渡航先の国の航空会社を利用する」ことに決めているという。そうすることによって、より渡航先の国の雰囲気を味わうことができるためらしいが、今回は北海道への旅行だったため、ANAを利用することにしたという。

 北海道旅行は2カ月前から航空券の手配も含めて入念に準備を進めていたそうだが、訪日予定日になんと日本に台風が直撃したそうで、日本行きの便に大幅な遅れが出てしまったという。この中国人はもともと上海から成田空港に向かい、成田空港からすぐに羽田空港に移動し、それから札幌の新千歳空港に移動する予定だったので、台風の影響で成田空港に到着するのが遅れてしまえば、羽田から新千歳空港への移動にも影響が出るのは必至だ。

 そのため、上海の空港にあるANAのカウンタースタッフに相談したところ、日本側と調整してくれたうえで「適切に対処する」と約束してくれたのだという。成田への便はやはり大幅に遅れて離陸となったが、実際に成田空港に到着してみると、この中国人の名前が書かれたプラカードを持ったANAのスタッフがいて手紙を手渡してくれたと紹介。

 手紙には「羽田から札幌行きの当日の便は終了してしまった」とあったというが、その代わりにANAが羽田空港に直結しているホテルを用意してくれていて、無料で宿泊することができたと紹介し、「札幌に滞在する日数が1日減ってしまったが、ANAの温かみのあるサービスにすっかり感動してしまった」と綴っている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)danielvfung/123RF)