中国では日本同様、大都市を中心に地下鉄が整備されているが、日本と中国の地下鉄で決定的に違うことの1つに「荷物検査の有無」が挙げられる。日本の地下鉄では行われていない「乗客に対する荷物検査」は、中国では主要な駅を中心に行われている。

 これに慣れている中国人にとっては日本の地下鉄で荷物検査が行われていないことは驚き以外の何物でもないようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の地下鉄構内で撮影された動画を掲載しつつ、「日本でなぜ荷物検査が行われていないか、良く分かった」と伝えている。

 中国の地下鉄で行われている荷物検査は「安全検査」と呼ばれ、中国人にとってはごく身近なものだ。だが記事は、「日本では地下鉄に限らず、公共交通機関で荷物検査が行われることはない」と伝え、長距離を移動する新幹線ですら荷物検査は行われておらず、中国のように乗車券の購入も「実名制」ではないと驚きを示した。

 続けて、日本の地下鉄で荷物検査が行われていない理由の1つとして「乗客の多さ」を挙げ、たとえば東京の地下鉄で荷物検査を実施すれば「大混雑」が起きて、運行に大きな支障が出ることは容易に想像がつくと指摘。また、日本は治安が良く、日本人も法律やルールを遵守する意識が強いため、そもそも荷物検査を行う必要性が薄いことも理由の1つだと論じた。

 中国では地下鉄も、高速鉄道も、空港も荷物検査が行われる。地下鉄の検査は相対的に緩いものだが、それでも乗客にとっては不便であることに間違いない。日本では新幹線も地下鉄も荷物検査がなくても大きな問題が起きないのは、記事が指摘しているとおり、治安が良く、日本人がルールを守る国民性だからなのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Law Alan/123RF)