アジアを中心に新幹線と受注競争を展開する中国高速鉄道は日本やドイツから導入した技術が基礎となっていることは周知の事実だ。だが、中国側は導入した技術は「あくまでも購入したものであり、その技術を消化・吸収したうえで再構築した中国高速鉄道には知的財産権をめぐる問題は存在しない」という立場を取っている。

 日本では中国高速鉄道は新幹線のパクリであるという論調も見られるが、中国メディアの今日爆点は11日、台湾のテレビ番組に出演した日本人が「中国高速鉄道は新幹線のパクリ」だと発言したと怒りを示す記事を掲載した。

 記事は、中国高速鉄道は開発段階こそドイツの協力を得たが、その後は自主開発したものだと主張。中国では高速鉄道の開発の経緯には「何一つとして落ち度はなく、知的財産権をめぐる紛糾もない」という中国側の立場を踏襲したうえで、日本人が台湾のテレビ番組で「中国高速鉄道はパクリ」であると指摘したことに反発した。

 さらに、同番組では日本人の発言に対し、台湾人から「世界には中国の発明をパクったものが数多くある」という指摘があったことを紹介。確かに火薬や紙、羅針盤、印刷は中国4大発明とされており、これらは今日の世界でも必要不可欠なものばかりで、今なお重要な役割を果たしている。

 だが、火薬や紙、羅針盤、印刷は中国で生まれたものであることは間違いないが、誰か特定の人物や企業が発明に対する知的財産権を持っているわけではない。

 中国国内では「中国高速鉄道はあくまでも日本などから技術を莫大な金額を支払って購入し、それに改善を加えたもの」だという主張が一般的で、パクったとは微塵も思っていないためか、記事は、日本人が中国高速鉄道に対して「パクリ」であると指摘したことがどうしても許せなかったようで、様々な反論を展開している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Ping Han/123RF)