日本を訪れる外国人旅行客が買い求める定番のお土産品の1つに「お菓子」が挙げられる。コンビニや駅などで販売されている日本人にとって身近なお菓子は、日本ならではの存在でありながら、しかも「おいしい」と評判だ。

 中国メディアの今日頭条は7日、日本のお菓子は手が込んでいて、非常においしく、まるで職人の手によって作られた芸術品のようだと伝え、日本を訪れたらお菓子を購入すべきだと伝えている。

 記事によれば、日本のお菓子からは「匠の精神」が感じられ、お菓子そのものはもちろん、箱や包装も作りが丁寧で、お菓子を開ける時の感覚はまるで「儀式」のようだと形容。お菓子を開けると良い匂いが漂うと伝え、「日本のお菓子は素晴らしい」と絶賛した。

 さらに東京土産としても有名な「東京ばな奈」や北海道土産として中国人の間でも高い認知度を誇る「白い恋人」など、さまざまな日本ならではのお菓子を紹介。

 また、日本ではお土産用のお菓子だけでなく、コンビニで販売されているようなお土産としても配りやすいお菓子を紹介したうえで、「日本のお菓子は小さくて可愛らしく、そして最高に美味」であると称賛、口に入れた瞬間に幸福の絶頂を味わうことのできる日本のお菓子は「訪日したら絶対に買うべきだ」と強調している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)blanscape/123RF)