中国ではしばしば「理想の人生とは、米国人と同等の給料を貰い、英国の家に住み、中国人をコックとして雇い、日本人女性と結婚することだ」という言葉を耳にする。このような生活ができる人がどれだけいるかは定かではないが、漠然ながらも「日本人女性と結婚したい」と考える中国人は少なくない。

 中国では日本人女性は優しくて、「良妻賢母」を絵に描いたような性格であると認識されているようだが、中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人女性と恋愛することは「中国人男性にとって得難いもの」であると伝えつつ、日本人女性と中国人女性の違いについて論じる記事を掲載した。

 中国では日本ほど「男女の差」が大きくはなく、「女性は女性らしく」といった概念も日本ほど強いものではないように思えるが、記事は「日本人女性と恋愛することは、中国人女性と恋愛することと大きく違う」とした。

 たとえば日本人女性は「付き合っている相手にも礼儀正しく、『ありがとう』という言葉を常に忘れない」と紹介。また、日本人女性は一緒に食事に行けば「割り勘」だって受け入れてくれる場合があり、中国人女性のように「男が払って当然」という態度は取らないと伝えた。また、日本人女性はきれい好きで、整理整頓が上手だとし、「一緒に住む機会があれば、家の中が常にきれいに保たれるようになるだろう」と指摘した。

 さらに、日本では女性の地位が男性に比べて低いが、中国人男性は日本人男性に比べて女性を尊重する傾向にあるため、日本人女性はこうした点を素直に喜んでくれて、男性としては嬉しいと主張したほか、何よりも日本人女性は「男性を立ててくれる」ため、中国人男性としては「メンツも立つ」ものだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)