近年様々な取り組みが見られる日本の「食育」。究極の食育といえば、食べるためにブタを飼育する、という実話をもとにした日本映画「ブタがいた教室」が思い出されるが、公開当時は日本中に大きな衝撃を与えた。このアイディアを教育に採用することついては賛否が分かれるところだが、中国メディアの今日頭条は5日、「子どもに自分の飼育したペットを食べるように求める、変態的な教育」と、厳しく批判する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む