中国では都市部を中心に自動車が急増し、朝夕のラッシュ時には深刻な渋滞が発生するようになった。もはや社会問題の1つと言っても過言ではない中国の交通渋滞に対し、各地では乗り入れ規制や購入制限などを行っているものの、渋滞緩和にはあまりつながっていないようだ。

 中国は日本に比べて道路の幅が広めで、車線も多い。日本にも多くの自動車が存在するが、中国のような深刻な渋滞はほとんど発生しないと言えるだろう。中国メディアの今日頭条はこのほど、東京には北京と同等の車が存在するはずなのに「なぜ北京のような渋滞が発生しないのか」と疑問を投げかけつつ、その理由は「敬服せざるを得ないものだ」と論じた。

 まず記事は、トヨタやホンダをはじめ、世界に名だたる自動車メーカーが複数あるだけあって、日本の自動車保有台数は世界有数の規模であると指摘する一方、東京は幹線道路であっても道は中国のように広くはないと紹介した。

 それでも東京で深刻な渋滞が生じないのには明確な理由があり、たとえば東京は地下鉄などの公共交通機関が充実していることや、駐車場代や違法駐車に対する罰金が比較的高額であることを挙げた。

 そして、何よりも重要なのは「日本人ドライバーの誰もが安全運転と譲り合いの精神を持っていること」であるとし、日本では謙虚に道を譲り合い、中国のようにわずかな隙間を見つけたら我先に突っ込んでいくといった醜い光景は見られないことを指摘、道路の車線数や幅といったハード面では中国の方が優れているものの、日本人ドライバーのマナーやルール遵守といったソフト面では日本が中国を圧倒していると伝え、こうした意識が秩序ある交通と渋滞緩和につながっているのではないかと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)zhaojiankangphoto/123RF)