日本では海外からのクルーズ旅客客が年々増えている。日本政府の掲げた「2020年までに100万人のクルーズ旅客を呼び込む」という目標が、2015年に5年前倒しで達成されたため、5倍の500万人に上方修正したほどだ。16年には200万人近くの外国人旅行客がフェリーで日本を訪れている。この理由の1つには、高額で庶民には手が出ないイメージだったクルーズ旅行の格安化が進んでいるためという要因もあるようだ。(イメージ写真提供:(C)lsantilli/123RF)

続きを読む