日本を訪れる外国人を国籍別に見てみると、最も多いのはお隣の中国人だ。日本政府観光局によれば、2016年に日本を訪れた外国人客は2403万9700人に達したが、中国人の数は637万3564人に達し、全体の実に26%以上を占めた。(イメージ写真提供:CNSPHOTO)

続きを読む