レアアース(希土類)はモーターを始め、ハイテク製品に広く使用されている。今日の世界において必要不可欠な物質であるレアアースだが、中国は世界最大のレアアース生産大国であり、日本は今も中国から多くのレアアースを輸入している。

 しかし、中国では長年にわたって乱採掘が行われてきた結果、レアアースの埋蔵量が大きく減少したと言われている。その一方で、日本を取り囲む海の底には莫大なレアアース資源が埋蔵しているという調査結果がある。中国メディアの今日頭条は5日、天然資源に乏しいと言われる日本こそが「実はレアアース大国」であると論じる記事を掲載した。

 記事は、日本の最東端の島であり、日本本州から遠く離れた南鳥島について「日本が第2次世界大戦で敗戦したことで、南鳥島を含む小笠原諸島の施政権を失い、サンフランシスコ講和条約で米国の施政権下に入った」という過去があるが、現在はすでに日本に返還され、日本領になっていると紹介した。

 日本の本州からは非常に離れている南鳥島だが、「この島は日本にとって非常に重要な島であることがわかる」と記述し、その理由として、南鳥島に航空機を配備すると太平洋の広い海域をカバーでき、実際に日本は南鳥島に滑走路を整備していると指摘した。

 続けて、南鳥島の「周辺海域には濃度の高いレアアース資源が眠っている」と伝え、しかもレアアースが堆積している範囲は1000平方キロに達するとの見方があり、日本国内の消費量の約230年分に相当する規模だと紹介。この数字は、中国の内モンゴルにあるレアアース鉱山でさえも見劣りしてしまう規模であり、日本はまさにレアアース大国であると指摘した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)