経済の発展と共に、中国も車社会となりつつあり、それゆえに多くの人が自動車運転免許を取得するようになっている。免許を取得した人が次に考えるのは「どのような車を購入するか」ということだが、中国は非常に多くのメーカーがシェアを争う市場だけに、販売されている車の種類も非常に多い。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、自動車を購入するにあたっては、友人に相談しても「お勧めの自動車がばらばらで迷うだけ」と切り捨てつつ、「日系車のボディーは薄い、韓国車は見掛け倒し、中国車は質が悪いと言われるが、結局どの自動車を購入すれば良いのか」と論じる記事を掲載した。

 記事はまず日系車について、多くの中国人は「日系車のボディーに使用されている鋼板が薄いことを批判する」と主張。実際は鋼板が他の車に比べて薄いということはなく、また鋼板の厚みが安全性に影響を与えることもないのだが、記事は「日系車の燃費が良いのは、こうしたところで軽量化を行っているからだ」と推測した。中国ではこのような正確ではない情報が広まっていて、日系車の購入に二の足を踏む人がいるのは非常に残念なことだ。

 続けて韓国車については、「見掛け倒しの車だ」と主張。一昔前までは中国車に比べて韓国車のデザインは高く評価されてきたが、中国車の質が向上してきた今では「外見だけと判断され、相対的に見劣りするようになった」論じた。

 最後に中国車については、コストパフォーマンスがとても高いと主張。質、スペック、価格などを総合的に判断すると、購入する価値がありそうにも思えるのだが、中国車には、小さな問題や故障がたくさん生じる恐れがあるとし、多くの中国人は「中国車を購入したくないのではなく、質の悪い車を掴まされるのが怖いのだ」とまとめた。

最後に記事は、「完璧な自動車を求めていたら、どの自動車も購入できない」と結んでいる。これに対して中国のネットユーザーからは、「日系車や韓国車の安全性は低い。命が惜しいなら日系車から離れるべきだ」といった声や「日系車に使用されている鋼板はドイツ車や米国車より厚いのが現実」といった意見が寄せられていた。こうしたコメントからも分かるとおり、中国ネット上の自動車に対する意見や声は人によって主張がばらばらで、デマも非常に多い。自動車にあまり詳しくない消費者ならば、どの情報が正しいのか、判断が難しくなるのも当然のことだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:CNSPHOTO)