日本貿易振興機構(JETRO)によれば、2016年における中国の自動車生産台数は前年比14.5%増の2811万9000台となり、8年連続で世界最大の自動車市場となった。自動車の生産には産業用ロボットが必要不可欠だが、中国の自動車生産の現場では「日本メーカーの産業用ロボット」がなくてはならない存在なのだという。

 中国メディアの今日頭条は29日、中国の自動車生産工場では日本メーカーのロボットが大量に使われていて、中国の自動車生産にとって日本メーカーのロボットは必要不可欠な存在であることを伝える一方、「なぜ中国メーカーのロボットではなく、日本メーカーのロボットでなくてはならないのか」を考察している。

 記事は、ドイツのクーカ、スイスのABB、そして日本のファナックと安川電機の4社は世界の4大産業用ロボットメーカーとして知られていることを伝え、中国の自動車工場ではファナックや安川電機のロボットが大量に使用されていると指摘。そして、中国の電気自動車(EV)ベンチャーである「車和家」の生産工場でもファナックのロボットが採用されたと伝えた。

 さらに、クーカやABBはクライアントの要求に応じて、ロボットを細かくカスタマイズするのが一般的であり、それによってクライアントは自社の要求に適ったロボットで生産を行い、利益拡大につなげることができるとする一方、そのぶんロボット導入にかかる費用は大きくなると指摘。日本のロボットメーカーはクーカやABBに比べてカスタマイズは少なめだが、「納品が早く、導入にかかるコストも安い」と指摘した。

 中国のEVベンチャーである「車和家」がファナックのロボットを導入した背景には、車和家のEVは「高品質かつ低価格」を競争力の源泉とする考えがあったと紹介。低価格を実現するためには当然、生産コストを圧縮することが必要だが、中国メーカーのロボットは低価格だが、高品質を実現できないことを示唆、「高品質かつ低価格」のEVを生産するうえではファナックのロボットを導入するのが最善の策であったと強調した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)prescott09/123RF)