われわれの日常生活には、さまざまなマナーが存在する。それは本来、人びとが互いに快適に生活するためのものだが、時間の経過とともに守ること自体が目的化してしまったものも少なくない。他人に不快な思いをさせない、という観点から行動すれば、特に意識せずとも最低限のマナーは守れるはずだ。

 中国メディア・環球時報は1日、日本には礼節上のタブーがとても多いことを紹介する記事を掲載した。記事は「日本はタ・・・・

続きを読む