中国で2011年に発生した高速鉄道の衝突事故。日本でも大きく報じられ、その凄惨さに衝撃を受けた人も多いだろう。中国は同事故をきっかけに高速鉄道の走行速度を引き下げて営業してきたが、事故から6年が経過したことを受け、一部路線で走行速度の引き上げを行う予定でいる。

 また、中国が自主開発したと主張する高速鉄道車両「復興号」の存在は、中国の「技術力の高さ」を示す証拠になるという声もある。だが、・・・・

続きを読む