中国では毎日のようにテレビで抗日ドラマが放送されている。「手刀で日本兵を切り裂く」など、近年は破天荒な描写が批判の対象となっている抗日ドラマだが、数ある抗日ドラマのなかで共通しているのは「登場する日本兵が卑劣で極悪非道」であるという点だ。

 こうした描写の影響のせいだろう、中国では日本人は卑劣であると誤解し、そして現代の日本人もまた卑劣であると誤解している人は少なからず存在するが、実際の・・・・

続きを読む