海洋大国を目指し、空母建造をはじめとする軍備の強化を進めている中国。積極的な海洋進出を行うにあたって、中国にとって日本は無視できない存在だ。中国メディアの今日頭条はこのほど、「準空母と呼ぶべき存在が日本ですでに配備されている」と伝え、海上自衛隊最大の護衛艦「いずも型護衛艦」を警戒すべきとの見方を示している。(イメージ写真提供:フリー素材館)

続きを読む