多くの中国人にとって、自動車は自らの身分や立場を誇示するためのツールであり、メンツを気にする中国人のなかには「より高級で、より知名度が高い」車を好む人は少なからず存在する。

 中国では自動車は決して安いものではなく、同じ車でも日本以上に高額である場合も多い。また、日本人の所得水準は中国人よりも高いが、それでも日本人が中国人のように高級車をむやみに追い求めないというのが、中国人からすれば不思議に思えるようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人の平均所得は中国人より高く、中国で人気のSUVやその他の高級車は当然、日本でも販売されていると紹介する一方、「日本の街中で見かけるのは小型車ばかり」だと伝え、「なぜ日本人は高級車を購入しないのか」と疑問を投げかけている。

 確かに中国人の高級車志向は日本人以上だと言える。なかには自分の所得水準を大きく超える高級車を無理なローンを組んで購入する中国人もいるようだ。記事は、日本人が高級車を無理に追い求めない理由について、まず「日本では自動車の所有コストが高い」ことを挙げ、ガソリン代のほかに保険や税金、さらには駐車場代など各種コストを負担する必要があるため、こうした所有コストが相対的に安く済む小型車の人気が高まったのではないかと考察した。

 さらに、日本人は中国人のように富をひけらかすことを好まない国民性であることを指摘。そのため、日本ではお金持ちでも高級すぎる車は避ける傾向があるとしたほか、日本で高級すぎる車を乗っていると「成金」と見られてしまう可能性もあるとし、こうした背景のもと「日本人は高級車を無理には追い求めないのではないか」と主張している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(c)bartekchiny123RF)