日本の学校給食は単に子どもたちの腹を満たすことだけが目的で提供されているのではない。食育推進基本計画が制定されて以降、学校給食は「子どもたちが食に対する正しい知識と良い食習慣を身に付けられるように」という教育の要素も大きくなっている。

 学校給食の制度が完備されているとは言い難い中国から見ると、日本の学校給食は驚きと羨望の対象のようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本の給食を通じた教育は中国人を震撼させる」とする記事を掲載した。

 記事は、日本は世界的に見ても教育大国であり、「教育はもっとも廉価な国防である」という考えは日本に大きな影響を与えていると主張。日本は古くから教育に重点を置いてきたとし、それは「知識や成績だけを重視したものではなく、学生が良い生活習慣やその背後にある価値を理解する」ことも含まれているとした。

 それが顕著に分かる例として学校給食を挙げ、子どもたちの心身の成長にとって必要な教育と訓練の場となっているとした。まず栄養バランスの面でも注意が払われているので「日本の子どもの肥満率は世界的に見ても低い方」とした。

 また教師も子どもと一緒に、同じ物を食べることは中国人を大いに驚かせるとしている。しかも給食の時間にも教師は子ども達に注意を払っており、配膳や片づけは当番制で子どもたち自身が行うことで「食事のために衛生的に気をつける必要があることや、皆がそろって一緒に食べること」など、社会に通じる規則を身に着ける機会となっていることを説明した。

 学校給食という制度を日本全国で実施するのは決して容易ではなかったであろうが、その給食のおかげで我々は「食べ物を粗末にしてはいけないこと」、「食べ物の生産者と調理してくれた人に感謝して食べること」なども学んできたと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)