日本で車を運転することができる国際運転免許証は道路交通に関する「ジュネーブ条約」に基づいて発行された免許証、もしくは二国間条約が締結された国の国際免許証のみとなっている。日本と中国では自動車の運転に関する法規やマナーが大きく違っているが、中国で取得した国際運転免許証は日本で有効なのだろうか。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を訪れる中国人旅行客が増加するなか、日本で車を運転したいと考える中国人が増加していることを指摘する一方で、「中国で取得した免許証では日本で車を運転することはできない」と注意を呼びかける記事を掲載した。

 警視庁によれば、日本で運転できる国際運転免許証は「ジュネーブ条約締約国が発行し、同条約に定める様式に合致した国際運転免許証」となり、アジアでは韓国やシンガポールなどで発行された国際運転免許証は日本でも有効となる。記事は「中国は道路交通に関するジュネーブ条約に加盟していない」とし、中国で運転免許証を取得しているからといって、日本でそのまま運転することができるわけではないと指摘した。

 さらに、中国の大手通販サイトでは「国際運転免許証」を購入できると伝える一方、当然「購入した国際運転免許証でも日本では運転できない」と指摘。本来、国際運転免許証は売買できるものではないため、中国の通販サイトで販売されているという免許証は「お金を支払って偽造してもらう」という性質のものと思われる。

 また記事は、中国で取得した運転免許証はもちろん「日本では無効」であるとし、日本では守るべき交通ルールが複雑で、中国との違いも少なくないと指摘。日本で車を運転したいと思っても「決して運転すべきではない」と指摘しているが、実際には偽造された国際運転免許証などを使って、日本でレンタカーを借りて運転する中国人旅行客は少なからず存在するようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)