中国メディア・今日頭条は27日「350年経ても衰えない、この工芸は日本人の誇りだ」として、京都発祥の伝統的な染物技術である京友禅について紹介する記事を掲載した。

 記事は「現代の日本においても和服を着る習慣が残っており、特に女性は重要なお祝いやセレモニーなどに美しい着物姿を見せる」と紹介。その着物に用いられる代表的な染物技術が300年以上の歴史を持つ日本生まれの京友禅であり「現在、それは・・・・

続きを読む