インスタント麺発祥の地である日本では、その登場から半世紀あまりの間に様々な商品が開発された。「カップヌードル」のように不動の大ベストセラーになったものもあれば、奇をてらい過ぎて発売から程なく姿を消す失敗作も山のように存在する。中国メディア・今日頭条は26日「友人が日本から持ち帰ってきたカップ麺の包装と味に、ノックアウトされた」とする文章を掲載した。(イメージ写真提供:写真AC)

続きを読む