歴史問題や領土をめぐる対立などを理由に、中国では日本に対して良い感情を抱いていない人は多い。それでも日本に対して何らかの興味や関心を抱いている中国人は、「旅行で日本を訪れてみよう」と考えるようだ。

 そして、実際に日本を訪れるとそれまで日本に対して抱いていた感情は大きく変化するらしい。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を旅行で訪れた中国人の手記として、「日本はもっとも訪れるべき国の1つ」と伝える記事を掲載した。

 記事は中国江蘇省の無錫市に住む中国人の手記を紹介している。記事によれば、この中国人の周りには「日本を旅行で訪れた経験のある人」が多くいて、しかも例外なく「日本は楽しかった」、「もう一度行きたい」と言うのだという。しかも、誰一人として「日本なんか行くべきじゃない」と口にする人はいないらしい。

 こうした話を聞いたこの中国人は、自分も日本を訪れてみたいと思ったようで、団体ツアーはわずらわしいと判断し「1人で日本を訪れてみた」のだという。

 日本を実際に訪れ、何を体験し、何を見たのかは、具体的には綴っていない。だが、「日本は非常に快適な旅が楽しめる国だ」と総評している。きっと、日本で楽しい思い出ができ、新しい発見もあったのだろう。そして、この中国人の周りの人びとと同じように、「日本なんか行くべきじゃない」などとは一切書いていない。訪日前は日本に複雑な感情を抱いていたようだが、実際に日本を訪れてその感情は一変したであろうことが、記事からは見て取れた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)