年々増加を続ける訪日中国人客だが、初めて訪日した中国人たちは中国と日本の違いに大きな衝撃を受けるという。中国メディアの今日頭条は24日、中国人旅行客が日本で衝撃を受けるということは「中国人にとって反省に値することである」と論じた。

 記事はまず、日本人のお辞儀を挙げ、「日本人は顔見知り同士の間柄でもお互いに頭を下げ、ビジネスシーンなどでは立場が下の者が上の者に対して非常に深々と頭を下げる」と紹介。中国人はもともとお辞儀をする文化はないため、お辞儀という行為に衝撃を受けたのではなく、あくまでも日常に「礼節」が存在することに衝撃を受けたようだ。

 中国人は自国について「礼節の国」であると自称する一方、「古くからの礼節はすでに失われてしまった」と嘆く声も多い。日本人の日常生活のなかに中国で失われた礼節が生き残っていることが驚きなのだろう。

 また、日本人が「トラブルなく列に並ぶことができる」という点も中国人からすれば衝撃らしい。中国でも一部の大都市では人びとが列を作る光景を目にすることがあるが、それでも割り込みなどを巡ってトラブルが起きることは珍しくない。日本では誰もが列に静かに並ぶことができ、割り込みなどのトラブルも起きないことは中国人が見習うべき点であるとした。

 さらに記事は、日本人の勤勉さも中国人からすれば衝撃であると指摘。おそらく、日本滞在中に深夜に帰宅するビジネスマンの姿を見たのであろう。日本人は残業することを厭わないと伝え、夜遅くまで働き続ける日本人は「敬服に値する」とした。

 そのほかにも記事は、日本が清潔であること、日本人がルールを守ることなども「中国人が学ぶべき点」であると伝えている。これらは日本を初めて訪れた中国人が実際に驚くことなのは事実で、それは中国では皆無もしくは稀なものが日本に普通に存在するからだろう。だからこそ中国人は日本で大きな衝撃を受けるのであり、「日本に存在する美徳が中国に存在しないことを、中国人は深く反省する必要がある」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)benzoix/123RF)