中国人旅行客の爆買いが話題になったのも今や過去のこととなった。最近は中国人の訪日目的に変化が生じていて、買い物は今でも人気ではあるものの、最近では「日本ならでは」の体験を求めて訪日する中国人も多い。そのなかには日本の温泉を体験することも含まれている。

 中国メディアの今日頭条によれば、中国人女性の間で日本の温泉の人気が高まっていて、温泉を目的に訪日する中国人女性が増加中なのだという。

 記事は、「日本は買い物やお花見、そしてワイン風呂など、夢のような体験ができる国」だと伝えつつ、近年は日本旅行で買い物を楽しむだけでなく、日本の習慣を体験したいと願う中国人が増えていることを紹介。さらに、日本ではワイン風呂やリンゴ風呂といった中国では味わえないお風呂があることを写真とともに伝えた。

 ワイン風呂やリンゴ風呂は確かに日本の一部で体験できるものだが、中国人女性の間で日本の温泉人気が高まっているのは、こうした独特な風呂だけが理由ではない。記事は、日本の温泉は「お肌がつるつるになる」といった効能が得られるだけでなく、冬に湯船に立ち上る湯煙の様子、雄大な景色を見ながら浸かる露天風呂など、温泉という日本ならではの体験が「1つの文化」として中国人女性を魅了していることを指摘した。

 中国にも温泉はあるが、水着を着用して入る温泉プールのようなものが多い。日本にやってきた中国人は「大浴場の場合は全裸で風呂に入ること」、「タオルをお湯の中に入れないこと」など、細かいルールに驚かされるようだ。何れにせよ、日本に旅行に来た際には、様々な泉質の温泉を心行くまで楽しんでもらいたいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)