近年、日本を訪れる外国人旅行客のうち、最も多いのは中国からの観光客だ。なぜ中国人は日本を訪れているのだろうか。中国メディアの網易はこのほど、「日本を訪れた中国人は日本人の民度の高さを褒めざるを得ず、日本の秩序が中国人を惹きつけてやまない」とする記事を掲載した。

 中国人の多くは普段、日本を鼻で笑って見下している節があるにもかかわらず、記事は「それでも中国人は日本が好き」であるとし、その理由について「日本はアジアでもっとも高度に発達した国であり、中国人の多くは旅行や留学によって日本の高度な文化を体験したいと思っているからだ」とした。

 かつては買い物のために日本に訪れていた中国人たちも、今では風光明媚な場所を観光し、そのうえで日本の文化や日本人の生活の様子を見て学ぶところがあると感じるようになったと指摘。これは日本のメディアが自ら誇張して報じているのではなく、「日本を訪れた中国人観光客が、日本の文明や日本人の民度の高さに直接触れ、衝撃を受けたこと」が理由だとしている。

 日本では日常の光景である、「出勤のためにきちんと正装し、ラッシュ時でも日本人が整然とした様子で黙々と歩く姿」や、路上の交通マナーにおいて公共の交通機関も個人の運転手もきちんと交通規則を守り、所かまわず駐車したりしないことなどが中国人の目には「非常に整然としていて秩序があり、文明的」と映るようだ。

 また日本の道路は清潔だが、ゴミ箱はほとんど設置されていない。外出中に出たゴミは「不便でもポイ捨てなどはせず、ゴミ箱を見つけるまで持ち続ける」という基本的な行動を取れることも、中国人が「日本人の民度の高さに驚かざるを得ない」理由とした。

 中国の街中には文明を高めるよう国民を啓発する表示が掲げられているが、すべての人に浸透するのはなかなか難しそうに見える。中国人が目指す社会秩序が日本でみられるゆえに「褒めざるを得ない」という複雑な心境になるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)