中国メディア・今日頭条は21日「どんなに日本が嫌いでも事実は事実 これらの日本の大衆車が、中国人の成長に寄り添ってきた」とする記事を掲載した。1990年代後半から現在に至るまで目覚ましい発展を遂げてきた中国ではあるが、その傍らには常に日系メーカーの大衆車が存在し続けてきた、と記事は紹介している。

 記事は「どんなに日本という国が嫌いであっても、自動車の分野において避けて通りようのない事実がある。それは、中国人がみな豊かでなかった時代において、真っ先に大衆を自動車に触れさせてくれた国が日本だということだ。中国の自動車ブランドの成長過程においても、日本の技術を非常に多く利用してきたという事実があるのだ」としたうえで、90年代以降中国の大衆に親しまれてきた日系の4車種を紹介している。

 まずは、スズキのアルト。この車は記事曰く中国で自動車を買うことが「村の一大事」だったという1995年に登場したもので、安い価格と当時では画期的な分割ローンでの購入が可能だったことから、中国におけるモータリゼーションの到来を後押しした車種であると評した。

 次はホンダのフィットだ。アルトに比べれば比較的新しい車種に思え、中国に搭乗したのも2003年と今世紀に入ってからだ。しかしすでに間もなく15年の歴史を持つというから時代の流れは速い。記事は「優れたドライブフィーリングと空間設計により、中国の市民が走る楽しみを味わい始めた車である」としている。

 続いては、トヨタの小型セダン・ヴィオスである。トヨタが初めて中国で現地生産を導入した車種で、2002年に発売された。記事によれば、中国人は特に「お尻」のあるセダンタイプの自動車が好きであり、その経済性と空間性も相まって発売開始から程なく良好な販売数を記録するようになったと解説した。

 そして最後はスズキのスイフトだ。紹介された4台の中では最も新しい05年の登場だが、記事は「登場から12年間モデルチェンジをしていないのに、依然として一定の販売数を誇っている」と説明。発売当初は特に若い人たちに受け、空間の広さ、操縦性に加え、自分でチューンナップする楽しみもある車として人気を集めたと伝えている。

 日本やドイツ、そして中国のさまざまなメーカーが多種多様な車種を繰り出してシェア獲得争いを繰り広げている中国の自動車市場。中国社会の成長、中国経済の成長、そして中国自動車市場の成長を見つめてきた4車種は、中国の自動車史において長く語り継がれていくことだろう。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:(C)photoncatcher/123RF)