日本を訪れる中国人観光客の「爆買い」ブームは過ぎ去った。先日観光庁が発表したデータで、その終えんを象徴するかのような数字が明らかになった。中国メディア・新華網は20日「爆買いはもう終わり? 訪日外国人1人あたり消費額、中国はこの国に抜かれた」と報じた。

 記事は今年1~6月における訪日観光客の消費額が2兆円を突破して過去最高を記録したと紹介。一方で「近ごろ日本を訪れた外国人観光客の(1人あたりの)消費では、もはや中国がトップではなくなった」とし、観光庁が発表した今年4~6月に日本を訪れた外国人観光客の1人あたり消費額で、イギリスが約25万円で1位、イタリアが約23万円で2位となり、これまで1位だった中国が22万円で3位になったことを伝えた。

 そのうえで「欧州の観光客の消費は中国とは異なる」と指摘。イギリス人観光客の消費額では宿泊、飲食、娯楽サービスが中国人の35%に対して72%と高く、買い物は13%にとどまっていることを紹介した。中国人観光客の買い物消費の割合は約60%に達している。

 また、欧州の観光客は日本を訪れる日数が長く、英国人は14.5日、イタリア人は12日となっており、ドイツやフランスを含めて中国人の5.9日の倍以上になっていることを指摘した。さらに、訪日観光客の絶対数にも大きな差があり、中国が600万人を超えているのに対し、イギリスは30万人足らずであることも併せて伝えた。

 記事は触れていないが、同庁が発表した今年4~6月の訪日外国人消費動向調査によると、アジア・欧米20カ国・地域の訪日客で最も1人あたりの買い物代が高いのは中国人の13万1128円。2位ベトナム人の7万3879円に倍近い差をつけて依然トップを走っている。3位は香港人の5万6100円だ。逆に最も少ないのは韓国人の1万8987円で、アメリカ人の2万5594円、インド人の2万5958円が続く。

 1人あたりの消費額では抜かれた中国だが、中国人観光客全体の消費額、1人1日あたりの消費額、そして1人あたりの買い物代では断然トップを保っている。「爆買い」は終わったかもしれないが、日本での買い物は、依然として多くの中国人観光客にとって大きな目的になっているのだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)