中国人旅行客にとっての主要な訪日目的の1つに買い物をあげることができる。ここのところは温泉や美食など「日本ならではの体験」も人気を集めているようだが、東京の百貨店やドラッグストアでは今なお多くの中国人が買い物を楽しんでいる様子を見ることができる。

 また、日本製品を通販で購入する「越境EC」が普及し始めているため、最近は中国にいながらにしてお気に入りの日本製品を購入する中国人も増えていて、なかには日用品から家電、おやつや食料品に至るまで、なんでも日本から取り寄せるという中国人消費者もいるようだ。

 では、なぜこれほどまでに日本の製品は中国で人気を集めているのだろうか。中国メディアの遼寧衛視はこのほど、中国人消費者が日本製品にハマる理由について考察する番組を放送し、その理由は何と言っても「品質」にあると伝えている。

 番組では、中国人評論家の梁宏達氏による見解として、日本を訪れたことのある中国人ならば「日本で売られている製品はどれだけ小さいものでも、非常に高品質であることを知っている」とし、日本の商業施設では相手によって値段を変えたり、販売する製品のグレードを変えたりすることはなく、客が誰であろうと「品質の劣った製品を売りつけるようなことはない」のだと紹介。

 つまり、日本では店側に騙される心配もなく、「心から安心して、自分の欲しいものを購入できる」という安心感のもと、気に入った製品を心ゆくまで買うことができるのだと指摘。しかし、中国人が日本で買い物を楽しみ、越境ECで日本製品を取り寄せるのは「高品質」という基盤があってこそであるとし、「自分の生活をより豊かに、より高品質に」と願う消費者が増えているなか、日本製品はその願望を満たすことができているのだとしている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)