韓国車は中国自動車市場で極めて好調な販売を記録したこともあったが、最近は販売が急激に減少している。販売が激減した理由について、中国国内では「中韓関係の悪化」のほか、「中国車の品質向上」、「日系車の再評価」などが挙げられているが、なかには「韓国車は見掛け倒し」という意見もある。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国では「韓国車は見掛け倒し」だという論調が増えていることを伝える一方、その論調は真実なのか、それとも偏見なのかを考察する記事を掲載した。

 記事は、韓国車はかつて「高いコストパフォーマンス」を武器に販売を急激に伸ばした時期があったと紹介。中国語で「コストパフォーマンス」は「性価比」と呼ぶが、中国には性価比を非常に重要視する消費者が多い。韓国車はまさに価格のわりに高スペックという「コストパフォーマンス」の高さで支持を集めてきた。

 だが、中国車の品質が向上したことで韓国車の強みだった「コストパフォーマンス」が相対的に低下したのは事実とする一方、中国で言われている「韓国車は見掛け倒し」だという論調は真実なのだろうかと疑問を呈した。

 記事は、現代自動車のサブコンパクトカーであるヴェルナ(Verna)を例に、タイヤやブレーキ、サスペンションなど、自動車の重要なパーツについて検証を行った結果、「同クラスの競合車種に比べて、決して悪いものは搭載されていなかった」と指摘。同クラスの日系車に比べれば「むしろ優れていた」と主張し、「韓国車は見掛け倒し」という論調は正確ではないとする一方で「コストパフォーマンスを武器にするならば、物足りなさを感じるのも事実である」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)