中国メディア・今日頭条は15日、「日系車は最も燃費が良くて長持ちすると言われているのに、どうしてタクシー車両として使われることが少ないのか」とする記事を掲載した。確かに、長安スズキのタクシーが大半を占める重慶市を除いて、日本系の自動車がタクシーとして使われるケースはあまり多くない。そこには一体どんな理由があるのだろうか。

 記事は「日系車は燃費の良さ、長持ち、価格といった面で好評を博している。しかし、評価が良いにもかかわらず自家用車がほとんどで、日系車のタクシーを見ることはとても少ない。タクシーで最も多く見られるのはフォルクスワーゲンのジェッタやサンタナだ。それ以外にフランス・シトロ・・・・

続きを読む