訪日した中国人旅行客の多くは、日本の清潔さや秩序を高く評価するが、そのほかにも一部の人によっては別の魅力があるようだ。中国メディアの今日頭条は13日、内向的な中国人にとって日本はまるで家に帰ってきたかのような感覚を覚える国だと伝えている。

 記事は、日本はアジアで最も発展した国であるのに、日本人の多くはなぜか「とても内向的だ」と主張。日本人は喧騒を好まず、静かで謙虚で、他人のプレイベートに勝手に踏み込んできたりはしないとし、「他人に踏み込まれるのを嫌う中国人にとっては非常に快適」だとした。

 続けて、日本には1人で買い物に行き、1人で映画を見て、1人で食事をして、1人でカラオケができる環境があるとし、日本は人と人の距離が中国のように極端に近くはないと指摘した。

 中国ではまったく親しくない間柄でも、収入の多さや恋人・結婚の有無を訊ねるのはごく当たり前のことだ。それだけプライバシーや個人情報という考え方がなく、日本人が質問されたら驚いてしまう内容のことも他人に聞くことができる環境があるのだ。

 だが、中国人のなかには他人のプライベートに入り込む中国の環境が嫌いだという人もいるようで、1人で食事をしても余計な詮索をされない日本は「まるで自分の家にいるかのようで、無関心が心地良い」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)