アイドルやアニメ、漫画は日本でも多くの若者たちが熱狂するコンテンツの1つだが、それは中国でも同様だ。中国では多くの若者が日本の漫画などの文化に興味を持ち、なかには日本語を学んだり、留学を考えたりする若者もいるほどだ。

 中国ではアニメ、漫画、ゲームについて、それぞれの英語表記の頭文字をとって「ACG」と呼ばれている。日本の「ACG」は中国において反日感情さえ凌駕する魅力を持ち、中国人の若者を親日にしてしまうほどのソフトパワーだと言えるだろう。中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国の若者たちはなぜこれほど日本に魅力を感じるのか」と問いかける記事を掲載した。

 中国・・・・

続きを読む