近日、北京ではじめての無人コンビニエンスストアがオープンした。家具やDIY用品等の販売を行う「居然之家」金源店の一階ホールに設置された紫のガラス張りの店舗で、約35平方メートルの敷地内に600あまりの商品を用意しているという。

 経営側の説明によれば、売上は毎日2000元から3000元(約3万3000円から5万円)程度。北京青年報の記者が取材した感触では、入店した9割程度のユーザーが商品・・・・

続きを読む