反日感情が根強く残る中国では、日本を訪れる中国人旅行客に対して「売国奴」と罵る声が絶えず存在する。日本で買い物をしたり、食事をしたりすることは「日本人に儲けさせる行為」であり、それが売国的行為と見なされているようだ。

 訪日中国人旅行客のなかには中国で活躍する芸能人も数多く含まれるが、こうした芸能人たちも訪日しただけで「売国奴」と罵られる。しかし、なかには日本を訪れ、ネットに日本滞在中の写真を掲載しても、批判や非難の声を浴びることのなかった女優もいるようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国の女優が日本滞在中の写真をネットに掲載しても、中国の愛国者から批判されなかった理由について紹介する記事を掲載した。

 記事は、「中国では日本を訪れると愛国者たちから罵られる」と伝え、それは芸能人も例外ではないと指摘。しかし、ある女優は娘と日本を訪れ、浅草などの観光地で撮影した写真を中国ネット上にアップしたものの罵られるどころか、「むしろ称賛の声があがった」のだという。

 日本を訪れるという行為に対し、罵られる人と称賛される人の違いはどこにあったのだろうか。記事は「称賛された女優とその娘は、日本滞在中にずっと漢服を着用していた」と紹介。日本を訪れた中国人は日本ならではの体験の1つとして、和服を着て写真を撮ることもあるようだが、和服を着るどころか、逆に漢服を着続けたという点が評価の理由のようだ。

 漢服はその名のとおり、漢民族の伝統衣装であり、近年は中国では着用している人はほとんど見られなくなったが、日本滞在中に漢服を着て、漢服を日本でPRしつつ、あくまでも中国人であることを誇示したというのが、中国のネット上で称賛を集めた理由らしい。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)