法務省の在留外国人統計によれば、2016年12月末時点における在留中国人の数は69万5522人に達し、全体の約29%を占めた。在留外国人統計には短期の滞在は含まれず、長期での滞在が対象となるが、これだけ多くの中国人が日本に長期滞在しているということは、彼らにとって日本は暮らしやすい場所なのかもしれない。中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国人が日本で長く生活したいと思う理由」について考察する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む