乗り物好きの人にとってはバイクのイメージがあり、楽器をたしなむ人にとって楽器のイメージが強い。人によって異なるイメージを抱かせるブランドが日本にはある。それは「ヤマハ」だ。中国メディア・今日頭条は7月31日「ヤマハは史上最もクレイジーな会社だ」とする記事を掲載した。

 

 記事はヤマハの歴史が1887年に、壊れたオルガンを修理したところから始まると紹介。楽器を修理するより作った方が儲かると考えてピアノの製造を始め、やがてギターや管楽器、ドラム、イヤホンといった様々なジャンルの楽器を作るようになったとした。

 

 また、電子音楽ブームが訪れる・・・・

続きを読む