アメリカにおける労働者の作業着に起源を持ち、今や世界的なファッションアイテムとなっているジーンズ。近年では日本製のデニム生地やジーンズ製品が確かな品質や技術によって多くのファンを獲得している。中国メディア・今日頭条は29日「アメリカ人さえ舌を巻くほど 日本のジーンズはどうしてこんなにスゴいのか」とする記事を掲載した。
 
 記事は、日本のジーンズ技術が持つ特色として、生地、染色、重さ、後処理の4点から分析している。まず生地については、豊田自動織機が1920年代に開発したという織機の存在を挙げた。「古い織機でできる生地の数は限られ、現代の織機に比べたら生産速度がかなり遅い。しかし、この織機の生地はジーンズに変化の不確定性を与えるのだ。そして、独特の質感はこの旧式の日本製織機でなければ出せないのである」と論じている。
 
 染色技術については、数百年にも及ぶ和服の染めものに関する技術の蓄積があり、豊富な歴史と経験をベースとした染色が施された日本のデニム生地は特徴的な色彩の変化を生み出し、ブランドによっても使用による色落ちの味わいが明らかに異なるとした。
 
 また、生地の重さも日本製デニムの大きな要素だという。重い生地のジーンズは耐久性や保温性に優れ、色落ち時に発生する折りジワ跡も軽量の生地よりもはっきりと出ることから、「履くことでジーンズを育てる」ことを愛する人たちから大きな支持を得ていると紹介した。
 
 さらに、日本のジーンズは防縮や光沢などの後処理がしっかり施されているものがあるとともに、後処理を全く行わないものもあると説明。後処理をしないため、洗濯後に縮むことを想定した寸法で選ぶ必要がある一方で、何度も履いていくことで美しい折りジワやダメージ感が得られるという「リターン」があるとしている。
 
 記事は日本のジーンズ業界について「アメリカのビンテージものの復刻に完全依存することなく、独自の風格も持ち、あっと驚くものを生み出す。こういった点に、デニムに対するリスペクトが感じられるのだ」と評している。
 
 中国でも若い世代を中心にジーンズが広く普及しており、特に冬場は女性の着用率が高くなる。経済が豊かになり、価値観が多様化するなかで、ジーンズに対するこだわりもさらに強くなっていくことだろう。(編集担当:今関忠馬)