刺身やすし、天ぷらなど、和食を好んで食べる中国の人は少なくない。いずれもやや高級なイメージがあるが、何も高いお金を出さなくても簡単に「日本の味」を楽しむことはできる。たとえば「おにぎり」だ。中国メディア・今日頭条22日「一般市民も食べられる日本料理」として、おにぎりの世界を紹介する記事を掲載した。
 
 記事は中国のあるテレビドラマの中で、高級な日本料理を食べに行くシーンが見られることを紹介したうえで「日本料理は値段が高いことで有名だ」と説明。一方で「しかしそれば、一般市民が日本料理にありつけないことを意味するわけではない。今日は、最もよく見かける日本のグルメ、おにぎりを紹介した。おにぎりは日本の伝統食品なのだ」とした。
 
 そして、おにぎりについて「主に米飯からなり、自分の好みに応じて魚介類や牛肉、昆布、梅などさまざまな味を加えることができる。伝統的なものは三角形だが、今では多様な形のものが見られる」と紹介。人の手で形を作るため、そこには往々にして家族の深い愛情が込められるのだと伝えた。
 
 また、炊いた白飯を使ったおにぎりのほかに、醤油などのたれを表面に塗って焼いた「焼きおにぎり」についても言及。「一口噛むと、幸福感で満ち溢れる」とおいしさを形容している。
 
 記事によれば、あまり油を使わない日本のおにぎりは近ごろ中国でも人気が高まっており、コンビニでも欠かせない存在になっているという。自分でおにぎりを上手に作るコツについては「まず手を水で濡らし、ご飯が熱いうちに握ることだ。そうすればご飯が手につかないし、容易に形を作ることができる」と説明した。
 
 中国の食べ物を具にしておにぎりを作るなら、何がおいしいだろうか。豚の角煮などは間違いないだろう。アヒルの卵の塩漬けもいい。においがちょっと気になるかもしれないが、お粥に溶かして食べる腐乳も悪くなさそうだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)