中国では、冷たいものを口にして体を冷やすことは万病の元という東洋医学の考え方が根付いているため、中国人は冷たい食べ物や飲み物を口にしたがらない傾向にある。

 中国で弁当文化があまり発達しなかったのは、弁当はどうしても食べるときに冷たくなってしまっていることが多いことも要因の1つと推測される。一方、日本は弁当文化が発達した国であり、今や弁当という言葉は世界でも通用するようになったという。 ・・・・

続きを読む