車を所有することがステータスの1つとなっている中国では、乗っている車が「中国国産車」か、あるいは「合弁車」かといった要素で、オーナーのメンツが立つかどうかが左右されるという。日系車は中国で近年、人気が高まっており、メンツも立つ車として認識されている。それは好調な販売車を見れば、よくわかるが、その一方で日系車は「ボディの鋼板が薄く、衝突に弱い」という誤解が持たれている。
 
 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国国内で存在する日系車に対する誤解を指摘しつつ、「手抜きがあると言われる日系車だが、それでも購入したい理由」について論じる記事を掲載した。
 
 記事は、中国では「日系車の唯一の欠点はボディの鋼板が薄い」とされていることだとし、反日感情を持つ中国人はこの点を取り上げ、日系車を批判すると紹介。衝突事故の際、日系車がひどく破損する一方、相手の日系車以外の車はほとんど変形していないことを示す写真が「日系車の鋼板が薄い証拠」として出回っていると紹介した。
 
 しかし、日系車としばしば比較される「ドイツ車」について、日系車とドイツ車の衝突事故では、大破したのは日系車だったが、車内の人の命が守られたのは日系車で、「死者0人傷者3人」だったが、ドイツ車の方は「死者1人傷者3人」だったという事例もあると紹介。
 
 中国では事故によって日系車のフロント部分が損傷した写真がネット上に掲載されるゆえに、日系車の安全性について疑問視する声があがるが、これは「安全設計の概念の違い」であるとし、日系車は、人が乗車する車内を衝撃から守るために車体の前後の部分で衝撃を吸収するように設計されていると紹介し、「手抜きがあると言われる日系車だが、実際は手抜きではなく、敢えて破損するよう設計しているのだ」と指摘し、だからこそ「自分は日系車を購入したいと思うのだ」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)