車を所有することがステータスの1つとなっている中国では、乗っている車が「中国国産車」か、あるいは「合弁車」かといった要素で、オーナーのメンツが立つかどうかが左右されるという。日系車は中国で近年、人気が高まっており、メンツも立つ車として認識されている。それは好調な販売車を見れば、よくわかるが、その一方で日系車は「ボディの鋼板が薄く、衝突に弱い」という誤解が持たれている。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む