日本を訪れる中国人が増加している。旅行や仕事が目的という人が大半だが、最近では日本で医療サービスを受けることを目的に来日する中国人が増加しているようだ。中国メディアの今日頭条は12日、中国人が日本の病院を大挙して訪れていると伝え、その理由について考察している。
 
 中国人にとって、日本で受ける医療サービスは決して安いものではない。記事は「医療サービスを受けるために日本を訪れる外国人のうち、実に約9割が中国人である」と伝える一方、中国人が医療サービスを受けるために訪日するうえではビザ取得や滞在費用だけで5万8000元(約100万円)以上が必要となり、さらに医療費も600万円(約35万8000元)ほど必要だと紹介。それでも背に腹はかえられぬとして、年1万人以上も日本を訪れていることを紹介した。
 
 では、なぜこれほど多くの中国人が日本の医療サービスを受けたいと思うのだろうか。記事は「日本の医療水準が世界的に見ても最先端であること、さらに重要なこととして、医療従事者の態度や考え方が非常に優れている」ことを挙げた。また、日本は医薬分業という制度を採用しているため、「医者がお金儲けのために必要のない薬を処方しない」ことや「薬局では効能が同じでも、より安い薬を紹介してくれる」ことを紹介し、こうした良心的な対応が中国人の支持を集めている理由だと紹介した。
 
 さらに、中国では患者が入院した際、その家族が食事を準備するなどの基本的な世話をするのが一般的だが、「日本の病院ではそうした世話は基本的に必要なく、治療の内容を考えれば入院費を含めた医療費は相対的に安い」と紹介した。
 
 日本を医療目的で訪れる中国人はごく一部のお金持ちだけだ。だが、彼らは日本に安心と信頼できる環境を求めてやってくる。この先、医療サービスを受ける目的で来日する中国人はますます増えていくことだろう。医療を1つのビジネスとして捉えた場合、人口が多いうえに医療環境の整備が遅れている中国が隣にあるということは、日本の医療産業にとっては大きなビジネスチャンスと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)