亜州天使(北京)広告有限公司(Asian Girls Diary)は11日、「瑞麗(ずいれい)カバーガールオーディション2017」の日本大会開催を発表した。審査員には女優の三船美佳さんも就任、中国・アジアで幅広く活躍する日本人モデルを選考する。
 
 瑞麗は中国の大手出版社の1つで、日本のRay、CLASSY.、Sweet、LEONとも業務提携しており、雑誌「瑞麗」は、中国の若い女性の間で抜群の知名度を誇っている。
 
 今回開催される「瑞麗カバーガールオーディション」は、中国国内最大規模のモデルオーディション。前回の応募総数は14万人にのぼり、選ばれる過程はTV局に密着取材され、中国では社会現象になるほど有名なイベントだ。
 
 今回の日本大会では、予選最終審査で選ばれたファイナリスト達は、現役瑞麗専属モデルとの撮影を通して更に5名まで絞られ、12月の北京の本選に臨む予定。ファイナリストの北京への渡航費、宿泊費は事務局が負担する。
 
 選出される10名にはモデルとしての成功が約束されており、デビュー時から高い知名度が獲得できるとのこと。応募の締め切りは7月31日。(写真は2016年のオーディションの様子)